ドイツの悪夢のような車を愛したヒトラーの話し

中古車を査定に出そうとした時に聞いた前の持ち主のこと

そのグロッサーを、どうして。「グロッサーには、前期の旧タイプと、一九三七年以降の改良タイプがあることは、ご存知でしよう?」と、彼女は下からぼくを見あげて言った、ぼくはうなずいた。その、後期の改良型には、スーパーチャージャーがついて驚くべき強力な車になっている。その改良に最も熱心だったのは、あのヒトラーだ。彼自身もグロッサーを愛用した一人である。いわばグロッサーは、戦前から戦中にかけてのドイツの悪夢のような車だったと言っていい。

「祖父が持っていたのは、後期のグロッサーでした。それがどうして祖父の手に渡ったのかは、わたしにはわかりません」彼女はその祖父なる人物の唯一の道楽が車だった、と説明した。「その車は敗戦のとき、解体されてどこかへ処分されたそうです。間もなく祖父は死にました。そしてわたしの父が、家業をついだんです。」彼女の父親という人物は、祖父に劣らぬ自動車マニアだったらしい。彼は一九六八年に300SEL6・3が発売になると、すぐさま西ドイツまで出かけていってそれを手に入れたというのだ。

「そして、その父はいつもわたしを隣に乗せて、6・3を運転したものです。ですからわたしは少女のころから、6・3に乗るのが大好きでした。なぜかほかの車は、車とは思えなかったんです。そして父は、最初の〈6・3>を事故でこわしたあと、またもや新しい6・3を買いました。」「そんなに経済的に豊かだったのかい?」「ええ。当時はね。でも、いまから二年ほど前に事業で大失敗をして、家や土地まで手放すことになったんです。挫折した父が最後まで執着していたのは、6・3のことでした。
年末年始に車売却をお願いしたんですが、すぐに見に来てくれました。長期の休みの時にこういうのをスピーディにやってもらえるとすごく助かりますね。
インターネットが普及する前の車の査定は面倒なものでありましたが、インターネットが普及した今では簡単に車査定の業者や買取業者に車査定を依頼することができます。便利になったものです。
今の車がどのくらいで売れるか知っておきたい。中古車査定ならたったの数分であなたの車の売却金額が分かります。新車購入を検討しているかたはぜひチェックしてみてくださいね。


わたしが見たポーシェのいちばん印象的だったシーンはー…。彼女は早口で喋りだした。ポザルニ九六八年のパリ五月革命のまっ最中に、わたし、美術学校のバリケードの中にいたの。みんなで夜中じゅう校庭で焚き火をして、歌をうたって、夜中に詩人たちがアジテーションのコピーを作って、学生たちがシルクスクリーンでそれを印刷するの。

朝になると、刷はりあがったポスターをみんなでパリ中に貼りに出かけるのよ。ジャグワーのEタイプに乗ってクリッシーにポスターを貼って歩く子もいたし、自転車でゆく子もいたわ。わたしがいちばんカッコいいと思ったのは、シャンゼリゼの大通りで所かまわずポスターを貼ってパトカーに追っかけられてた男の子よ。

What's New
2013/09/10 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/06 新着記事を更新しました。
2013/09/05 意味がない車を更新しました。
2013/09/02 彼女に夢中だったを更新しました。
2013/08/31 曇り日の海岸を更新しました。
2013/08/29 別れた父の言葉を更新しました。
2013/08/28 中古車を査定に出そうとした時に聞いた前の持ち主のことを更新しました。
2013/08/25 ホームページをリニューアルしました。

ピックアップ
車売却ナビ車査定の見積もりナビWeb自動車手続きミニガイド
車の売却の一括査定ができます。高く売却する方法やトラブルに遭わない為の知識なども紹介されています。1分で大手の車買取業者最大10社に対し、一括見積もり依頼を行います。入力項目が少なく簡単です。自動車を中古車販売に売却する際に必要となる書類や手続き等について説明しています。